住宅ローンを組む前に知っておきたい三つの原則

住宅ローンを組む前に知っておきたい三つの原則

家を建てることは多くの男性の夢ですよね?家は自分の城です。購入する際は当然細部までこだわり、なるべくなら妥協したくないものです。 しかしこだわればこだわるほど購入費用は高額になり、普通は一括で払うことなど不可能です。故にほとんどの場合は銀行や公的機関から融資を受けます。 それが住宅ローンです。多くの人にとって住宅ローンは一生で最も大きなローンであり、その返済期間も長いものになります。 だからこそ、住宅ローンを組む際は細心の注意と綿密な計画が必要になるのです。

住宅ローンを組むときに、最低限心得ておくべきことが三つあります。まず一つ目は自分の支払い能力を過信しないことです。 自分が実際にいくら払えるかを正確に把握し、余裕のある計画を立てなければなりません。住宅ローンは通常建物と土地を担保にします。 せっかく立てた家をローン返済が不可能になり手放す結果になっては悔しいですよね?二つ目は金利タイプを理解することです。 変動型、固定型、固定金利選択型がありますが、それぞれに一長一短があります。どれが自分の計画に適しているのか、 しっかり検討する必要があります。三つ目は繰り上げ返済というシステムを把握しておくことです。 繰り上げ返済とは自分の返せる額をまとめて返済するもので、余裕があるときには行うべきです。 無理をする必要はありませんが、これを行えば元金が減り、元金が減ればその分の金利も減るということです。しかし繰り上げ返済は手数料がかかったり、 最低金額が設定されていたりするのでそれらを考慮した上で実行しましょう。